映画

【映画】ネクロメンティア(SAW レイザー)(ネタバレ感想・考察)

【ネタバレ感想・考察】 妻の死体の世話をする男、ヘルゲイ。 ヘルゲイのもとに突如現れた、二人の男性。 目覚めた場所は、夢か現実か、あるいは地獄か──。
映画

【映画】ザ・シェフ 悪魔のレシピ(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 若者たちが荒れ狂う、治安の悪いロンドン郊外の一角。 客とのトラブルで、ケバブ屋を営む父親を失った主人公のサラール。 とある事故をきっかけに、馬鹿な若者たちに復讐する人肉ケバブ屋へと変貌していく──。
映画

【映画】残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―(ネタバレ感想・考察)

【ネタバレ感想・考察】 ホラーや怪談をメインとした小説家である主人公(竹内結子)のもとに、一通の手紙が届く。 それは、女子大生の久保さん(橋本愛)が一人暮らしをしている部屋で聞こえる、奇妙な音について。 過去に遡りながら、その現象の謎が徐々に明かされていく。
映画

【映画】マッド・ハウス(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 親元を離れ、一人暮らしを始めたサラ。 共同生活を送っているようなマンションの住人たちは、歓迎パーティまで開いてくれる。 しかし、夜には騒音が聞こえ眠れず、部屋には謎の人影が──。
映画

【映画】テイキング・オブ・デボラ・ローガン(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 医学生のミアと仲間たちは、アルツハイマー型認知症患者であるデボラ・ローガンを取材するため、デボラとその娘のサラが住む自宅を訪れた。 取材を重ねるうちに、徐々にデボラにアルツハイマー型認知症では説明がつかない奇妙な行動や変化が現れ始める。
映画

【映画】ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 ハロウィンの夜、ハーパーはルームメイトとパーティで知り合った大学生たちとともに、郊外にあるお化け屋敷に向かう。 廃墟のような屋敷、彼らを迎え入れる不気味なピエロに期待をふくらませ、ハーパーたちは屋敷の中へと進んでいく。 やがて、その屋敷が単なるお化け屋敷でないことに気づいていく──。
映画

【映画】事故物件 恐い間取り(ネタバレ感想・考察)

【ネタバレ感想・考察】 売れない芸人・山野ヤマメは「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と先輩から無茶ぶりされ、テレビ出演と家賃の安さから殺人事件が起きた物件に引っ越す。 その部屋は一見普通の部屋だったが、部屋を撮影した映像には謎の白いものが映り込み、音声が乱れるなどといった現象が起こった。 ヤマメの出演した番組は盛り上がり、ヤマメは新たなネタを求めて事故物件を転々とする。 住む部屋、住む部屋でさまざまな怪奇現象に遭遇したヤマメは「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが──。
映画

【映画】ハロウィン(2018)(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 ジョン・カーペンター監督による1978年の名作ホラー『ハロウィン』の40年後を描いた続編。 ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが再び街に解き放たれる──。
映画

【映画】レザーフェイス 悪魔のいけにえ(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 凄惨な殺人事件を起こし、精神病院に入れられた少年ジェド。 数年後、3人の入院患者と共に看護師を誘拐して施設を抜け出した彼は、復讐に燃える警官に追われながら恐ろしい逃走劇を繰り広げるが──。
小説

【小説】櫛木理宇『侵蝕 壊される家族の記録』(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 皆川美海は平凡な高校生だった。 あの女が、現れるまでは……。 幼い弟の事故死以来、沈んだ空気に満ちていた皆川家の玄関に、弟と同じ名前の少年が訪れた。 行き場のない彼を、美海の母は家に入れてしまう。 後日、白ずくめの衣裳に厚塗りの化粧をした異様な女が現れる。 彼女は少年の母だと言い、皆川家に“寄生”し始め──。
映画

【映画】ゴーストランドの惨劇(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。 奔放で現代的な姉ベラとラブクラフトを崇拝する内向的な妹ベスは、双子でありながら正反対の性格だった。 新居へ越してきた日の夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる──。
映画

【映画】ゾンビ津波(ネタバレ感想)

【ネタバレ感想】 穏やかな海に囲まれた平和な孤島。 漁師のハンターと仲間たちの船が、突如としてゾンビに襲われた。 どうにか反撃して逃げ切ったものの、ゾンビは続々と姿を現し、島は恐怖に包まれる。 ハンターは愛する島を守るため戦うことを決意するが、そんな矢先、巨大津波に乗って大量のゾンビが島に上陸しようとする──。
小説

【小説】小野不由美『残穢』(ネタバレ感想・心理学的考察)

【ネタバレ感想・考察】 畳を擦る音が聞こえる、 いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、 何かが床下を這い廻る気配が……。 だから、この家には人が居着かない。 何の変哲もないマンションで起きる怪異を調べるうち、 ある因縁が浮かび上がる。 迫りくる恐怖は、どこまでが真実なのか──。
タイトルとURLをコピーしました